メディオスターNextpro

メンズ医療脱毛クリニック

メディオスターNextProは抜けない?効果がない?本当のところは?

投稿日:

レーザー脱毛機と一口にいっても複数の脱毛機があります。

その中で今人気になっているのがメディオスターNextProという蓄熱式脱毛機です。

メディオスターNextProは従来のレーザー脱毛によりも痛くないという点で人気になっています。

しかし、メディオスターNextProは、照射しても毛が抜けないとか、効果が無いという人もいます。

最新の脱毛機なので、クリニックによって、導入しているところとそうでないところもあり、

またメディオスターNextProで脱毛するコースは料金が他の脱毛機より高く設定されているところもあります。
(ゴリラクリニックはどの脱毛機を選んでも同じです)

そのため、どこのクリニックでレーザー脱毛するのか考える際重要なポイントとなってきます。

メディオスターNextProでの脱毛の効果が本当に脱毛効果があるのか、それとも無いのか知りたいところです。

というこで、メディオスターNextProでの脱毛効果についてまとめてみました。

レーザー脱毛機の脱毛の仕組み

レーザー脱毛機の一般的な脱毛の仕組みは、特定の色にだけ反応するというレーザー光の特性を使ったものです。

黒色の色素に反応するので、メラニン色素によって黒くなっている毛に吸収されて熱に変換されます。

その熱が毛根と毛根周囲の毛包を破壊することで毛が抜けるという仕組みです。

この時毛包にある幹細胞まで破壊することによって、再度毛が再生しない様にすることで毛が生えて来なくなります。

幹細胞が残っていれば、再び毛包が復活して毛根となり毛が生えてくるのです。

この仕組みからメラニンが無い白髪の毛は脱毛できませんし、毛根まで熱が伝わらないので、その時毛がぬけたとしてもまた生えてきます。

メラニン量の少ないうぶ毛よりも、太くて黒い毛の方が脱毛効果が高くなります。

ただし毛が濃い人は、毛が密集しているため、肌全体を熱してしまい火傷のリスクが高くなるので、低い出力で照射します。

これにょって生えている毛を少なくしてから徐々に出力をあげていき、毛包の幹細胞まで破壊するようにします。

そのため毛が濃いほど、効果は高いのですが、火傷のリスクも高いので、照射回数が毛の薄い人よりも多くなるるのです。

基本的にこれらの仕組みはどのレーザー脱毛機でも同じです。

蓄熱式脱毛機の場合でも、毛のメラニンから熱がバルジ領域や毛根に伝わるので基本的なところは同じです。

パルジ領域とは毛根に発毛するように指令を出す因子を放出する組織で、ただメインターゲットが、毛根より浅いところにあるパルジのため、出力を抑えて照射できます。

レーザー脱毛機に使われている光源の種類によって、波長が違い、その波長の違いで、肌のどの辺の所の毛根まで届くかが違います。

波長が長いレーザーは肌の奥まで届きますが、逆に肌の浅いところにある毛根には不利です。

そのため理想は、複数のレーザーを使って、脱毛状況をみて対応していくことです。

今使われているレーザーの種類は主に3つで、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーの3種類です。

メディオスターNextProは、ダイオードレーザーを搭載している脱毛機です。

レーザー脱毛機の違い

メディオスター、実は機種が二つある

Asclepion(エスクレピオン)社のメディオスターは実は、初期型のメディオスターNeXTと最新型メディオスターNextProがあります。

メディオスターNextPro
これを両方同じに混同してしまって説明しているサイトがいくつもありますが、実は大きな違いがあります。

メディオスターNeXTは、波長が810nmでパルジ領域だけがターゲットの純粋な蓄熱式脱毛機です。

しかし最新型のメディオスターNextProでは、810nmと940nmの2種類レーザーを照射できるようになっています。

つまり、PROの方はバルジ領域に作用する810nmのレーザーと毛根領域に作用する940nmの両方を照射することで、従来式の脱毛機と同じ効果も持っています。

nanometer(ナノメートル)とは、長さを表す単位の中でも、1メートルの10億分の1を表す単位のことです。

ですから、蓄熱式脱毛機の考え方である、毛の周期に関係なく照射して効果があるというのは間違いで、

最大の効果を得るには、毛の周期も考えて照射する必要があります。

どうして、このように進化させたのか推察してみると、おそらくバルジ領域だけを狙う脱毛機では、従来の脱毛機のように1~2週間で毛が抜け落ちないため

脱毛効果が無いと言われてしまうためではないかと思います。

バルジ領域の破壊による脱毛は、今生えている毛を脱毛するのではなく、原理から考えれば、これから生えてくる毛を生えさせない様にする効果を狙ったものです。

だから現在生えている毛は、自然に抜けるのを待つしかないことになります。

これだと照射しても脱毛の効果が感じられにくく、脱毛効果が無いのではないかと言われてしまうわけです。

その証拠に、同じ蓄熱式脱毛機にソプラノという脱毛機がありましたが、こちらはパルジ領域だけを狙う810nmの波長の脱毛機でした。

しかし、今は、脱毛効果にたいする評判が良くないのか、あまり使っているところを見かけなくなりました。

ここから推察するに、やはりバルジ領域に作用する蓄熱式脱毛機の効果には疑問符がついてしまいます。

結局のところメディオスターNextProの脱毛ができる効果は、毛根の破壊の効果でしかないのではないかという推測もできます。

もちろん、はっきりしたことはよくまだわかりませんので、パルジ領域の破壊で、脱毛効果が高まり、

脱毛後の維持期間を伸ばす効果などまだ目に見えないものが存在している可能性もあるかもしれません。

クリニックによって使い方が違う

クリニックによっては、痛みが少ないという点で、とても痛いヒゲ脱毛で特に推奨しているゴリラクリニックのようなところもあります。

導入はしているがヒゲの脱毛ではメディオスターNextProを使っていないメンズリゼ。

アレキサンドライトによる脱毛とは別料金でメディオスターNextProでのヒゲ脱毛コースを設定しているが、女性の脱毛では使用していない湘南美容クリニック。

効果が従来のレーザー脱毛機より良くないと考えて、導入していないドクターコバなどといったように医療機関でもそれぞれ考え方が異なっています。

ですから、まだメディオスターNextProの蓄熱式での脱毛の効果については、未知数と考えていいでしょう。

それでも、とても痛いヒゲだつもうが、痛みが抑えられて楽という事で、メンズヒゲ脱毛ではメディオスターNextPro人気であるという事は間違いなく脱毛効果があるということは確かだと思います。

ただし、ヒゲは他の無駄毛よりも肌の奥深いところに毛根がある場合もあるので、メディオスターNextProだけでは脱毛しきれない可能性もあります。

ゴリラクリニックでは、メディオスターNextProを最初は勧めていますが、脱毛の状況をみて、波長が1,064nmと長いYAGレーザー

ヒゲ脱毛の途中で使うことを勧めているようです。

メディオスターnext pro での脱毛の経過や回数は体験談のところでご紹介していますので参考にしてください。

メディオスターnext pro 痛み

メディオスターの痛みが従来の脱毛機より少ないといわれるのは、浅いところにあるパルジ領域を狙っているため、出力を抑えているかです。

ただしnext proでは、毛根を熱破壊する940nmのレーザーも出しているのでそれまでのダイオードレーザーやアレクサンドライトとは、痛みの強さは極端な違いは無いと思います。

それでも笑気麻酔を使わなくても済むようであれば、その分の費用も抑えられていいでしょう。

ただやはり痛いのは痛いので、笑気麻酔+メディオスターnext proが一番痛みが少なくて楽な脱毛方法だと思います。

従来のレーザー脱毛機が、1点狙い撃ちのATMライフルのようなものであるのに対して、メディオスターnext proは、散弾銃のようなものとイメージできます。

広範囲に熱い痛みが感じられるはずです。

メディオスターnext proでも間隔をあけずに、バチバチ照射すれば相当痛みがあると思います。

メディオスターnext proの必要回数

従来のダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーより出力を低くして照射しているためか、

ヒゲ脱毛では若干脱毛完了までに必要な回数が多いといわれています。

それでも1割から2割ぐらいなので、たとえばヒゲ脱毛で15回必要だった人の場合は、メディオスターnext proだと17回程度という程度の差のようです。

あくまで目安でありますので、正確なところは分かりませんが、頭に入れ遠くといいでしょう。

痛みが苦手という人にはやはりメディオスターnext proという脱毛機の存在はありがたいのではないかと思います。

メディオスターnext proでのVIO脱毛

ここ2~3年は、女性だけでなく男性もVIO脱毛する人が増えています。

VIO脱毛はとても痛い場所でもあるので、女性の脱毛を行うクリニックでも、メディオスターnext proを使うところが増えているようです。

メンズ脱毛でも、メディオスターnext proでのVIO脱毛はお勧めです。

VIO脱毛はツルツルにするのではなく、減耗することが目的であると思いますので、

痛みが少なく、減耗するには最適ではないかと思います。

ヒゲほど毛根が深く太くないので、5~6回でもメディオスターnext proでの十分な効果が得られるでしょう。

メディオスターNeXTPROまとめ

脱毛機の特徴

  • Asclepion社製ダイオードレーザーマシン
  • 蓄熱式脱毛型+熱破壊式レーザー脱毛機
  • 毛乳頭とバルジ領域両方を狙って脱毛
  • 強力な冷却装置で照射と同時に冷却
  • 2種類の波長・810nmと940nmで照射幅広い毛質対応
  • 先端の6000本程度の光ファイバーで漏らさずに照射
  • 最大で毎秒12ショットの照射可能低出力を量カバー
  • 全身脱毛に約60分とスピーディーに完了可能
  • メラニンに反応しにくいので多少の色黒肌でも照射可能
  • 若干従来のレーザーより施術回数が必要かもしれない
  • 瞬間的な痛みは従来のものより軽減される
  • クリニックによって使用脱毛部位が異なる
  • 効果に否定的なクリニックも存在する

メンズ脱毛で利用できるクリニック

代表的なメンズ脱毛クリニックでのメディオスターNeXTPROの使用について

ゴリラクリニック 積極的に利用・患者が選択できる・ヒゲ脱毛で勧めてくれる
湘南美容クリニック 別料金で男性のヒゲ脱毛で利用可能・導入していない院もある
メンズリゼ 導入しているがヒゲ脱毛ではお勧めしていない。
ドクターコバ 導入していない効果に疑問を持っているようす

-メンズ医療脱毛クリニック

Copyright© メンズ脱毛最前線 , 2018 All Rights Reserved.