ヒゲ剃り負けの顔で損をした商談

ヒゲ脱毛

ヒゲ剃り負けで同僚より20万円も損していたことに気付いた僕!

投稿日:

ヒゲ剃りで20万円ものお金を損をすることなんてありえないだろう?

そう思ったあなたは多分そのことに気づいていないのです。

これは僕だけでなく、誰にでも起こり得る可能性のあることなので、注意して読んでみてください。

あなたにも思い当たる節があるかもしれませんよ。

でも大丈夫、それに気づくことができたら、その損はまだ取り戻せる可能性があります。

同僚と僕にあったその差とは?

僕がそれに気づいたのは、僕が同僚のKと飲みに行った時の話です。

「いいなあK、今月も追加報酬ゲットしたんだろ~、もう半年以上連続だよなあ・・・なんか、コツでもあるのかい?」

「ん?うーん、ただの運かなあ、なんか、あるところの奥さんに気に入られちゃってさ。それで契約とれたみたいな・・・そんな感じ」

「そうなんだあ、Kってさあ、なんかオバサンに人気あるなあ・・・」

「うーん、そうだね、なんかおれってさ、童顔じゃん、それでかなあ・・・学生のころは、なんかちょっと嫌だったんだけれど、今はちょっと得している気もするね」

そういうKは、僕と同じ年だが、特別イケメンとという感じではないのだか、実年齢より若く見えるのは確かでした。

童顔なせいなのかもしれませんが、肌がきれいで、髭剃りも2~3日に一度だけらしく、髭そりあともほとんど目立ちません。

そのせいか、母性本能をくすぐられるらしく、年上女性には社内でも受けがよかったようです。

僕だって、別に顔じゃ負けていない気はするだけれど、実年齢よりも5つぐらい上に見られるので、Kとの見た目の差は8歳ぐらいあるりそうてした。

その理由は自分でもわかっていで、肌が汚く、見た目の印象が悪いことでした。

その原因となっているのが、濃いひげで、深剃りするせいもあり、カミソリ負けがひどく、赤味や肌荒れが常にありました。

見た目自分でも不潔にみえて、好感度が低いと言わざるえませんでした。

「実はさ、その奥さんに気に入られてから、娘さんにも紹介されてさあ・・・」

「えっ、そうなの・・・」

「で、今、婚約の話があるんだよ~」

「へー、すごいな、どこの工務店?」

「えっと、A市のHK工務店ってところ」

なんだって!」僕はその名前を聞いて、あることを思い出していました。

気づいてしまった僕の損失

その話は半年前にさかのぼります。

僕の会社では、ノルマはありませんでしたが、毎月の売り上げ基準をクリアすると2万円の追加報酬が給料につきます。

サラリーマンにとって、この2万円はかなり大きい額です。

ある一定額を売り上げればOKなので、スパー営業マンでなくてもなんとかなるので、僕もこれをクリアするために日々頑張っていました。

僕が狙っていたのは、ある工務店の契約。

ここをゲットすれば、毎月結構な受注があるはずなので、毎月楽に基準がクリアできそうだったのです。

3度ほど営業に行って、社長さんには、そこそこの感触を得ていたのですが・・・

経理担当の、奥さんは慎重姿勢らしく、

「すまんけれど、今年は家内の許可が出そうにないから、また来年にでも話を持ってきてくれ」

と言われてしまいました。

実は、その工務店がHK工務店だったんです!

更に詳しくKに話を聞くと、僕が営業に行った、2か月ぐらい後にHK工務店に営業に行き、

その時にたまたま社長がいなくて、奥さんの対応だったらしいのですが、

とてもよく話を聞いてくれて、次は社長がいるときに来てくれと言われて、2回目の訪問で、契約に至ったそうです。

僕は愕然としました

それで僕は気づいたんです・・・僕はこの非さわやかな顔のせいで損をしているのだと・・・

肌がちょっと汚いということが、20万円以上もの収入差を生むことになるのだと。

それだけでの差では、済まないかもしれません。

だって、息子のいないHK工務店の娘さんと婚約ってことは、Kは将来跡継ぎ、つまり次期社長ってことではないですか!

実力も、顔だちも決して負けていないはずなのに、たった一つの弱点でこんなに損をするなんて悔しすぎます!

ただ肌が汚くて、女性受けが悪い・・・というだけでです。

いや、もしかすると、男女にかかわらず、この不潔感のある汚い肌のせいで好感度が低いのかもしれません。

そして、その原因を作っているのは、何と言っても、僕の濃い髭なんです!

僕の後悔「もっと早くやるべきだった!」

ヒゲ脱毛という方法があるのは知っていました。

それをやれば、髭剃りも減り、当然カミソリ負けもなくなり、肌がきれいになるという認識はありました。

だけど、調べると10万円近い金額がかかることがわかりました。

たかが髭ごときにそんなのもったいない・・・

そう思ってしまって、僕は行動はしなかったのです。

でも、もしあの時行動していたら、Kとの20万円以上もの差はなかったんじゃ?

そう思えと、僕はとても後悔しました。

もちろん、「たら、れば」に過ぎないので、僕の思い込みに過ぎないかもしれません。

しかし、結果がどうあれ、少なくともあのときヒゲ脱毛しておけば、こんな損した気分になっていなかったはずです。

改めて調べてみたら、レーザー脱毛なら6回でもかなり髭がなんなるらしい

安いところでは、口の周りのレーザー脱毛だけだったら6回税込29,800円でできるじゃないですか・・・

頬やもみあげを入れても6万円ぐらいでできるのです。

あるクリニックではヒゲの濃い人でも満足できるように6回目以降は1回100円でヒゲ脱毛(ゴリラ脱毛)できるところまであります。

今更ながら、費用対効果を見誤っていたことが自分が悔しくなりました。

そして、今やらなければ、これからもずっと僕は、色々なところで損をしていくのではないかという思いに駆られました。

もうヒゲ剃りで後悔したくなかった

今更、同僚Kとの差は埋められないけれど、これからも同じようなことになるんじゃないかと不安に駆られて、

僕はすぐにヒゲ脱毛を始めました。

髭脱毛をすると産毛しか生えなくなり、一週間に1度さっと剃るだけでよくなりました。

カミソリ負けがなくなっただけではなく、レーザーの効果があったのか、肌がみちがえるようにきれいになりました。

会社では、「すごい、若返った!」と言われ、

一年ぶりに営業に行ったところでは、初めて来た人だと思われました。

好感度が上がったせいだと思うのですが、僕の話をちゃんとく聞いてくれる人も増えて、自然と営業成績もあがりました

僕は今まで髭剃り負けの顔のせいでどんだけ損をしていたのかと残念に思います。

と同時に、それに気づいたおかけで、ヒゲ脱毛して、髭剃り負けのないきれいな肌になれて本当に良かったと思います。

今までの損を取り戻す

影響成績だけでなく、春に入社してきた新人女子社員達の受けもよくて、いいことばかりです。

これが、たった10万円前後の出費で生まれた効果なのだと僕は確信しています。

僕の思い込みに過ぎない、心の持ち方事態だと反論される方もいるでしょうが・・・

少なくとも人生が好転していることは事実です。

もうすぐ彼女になってくれそうな、かわいい女の子ともデートできました。

髭剃り負けの顔の間に、多少損をしましたが、僕はこれからの長い人生の先行投資に間に合ったと思っています。

これからは男ももっと美容や見た目に投資をすべきだと僕は思います。

人はやっパリ見た目からスタートしますし、自信がなければ積極的に行動することもできませんからね。

男も美容にお金をかけることをケチらない!

ケチった分以上にきっと将来損をすることになると思います。

それが今、僕の人生哲学となりました。

-ヒゲ脱毛

Copyright© メンズ脱毛最前線 , 2018 All Rights Reserved.