ダンディハウス

ヒゲ脱毛 メンズ脱毛サロン・エステ

ダンディハウスのヒゲ脱毛を比較してみた

更新日:

左側のコンテンツ40%

右側のコンテンツ60%

ダンディハウスは、メンズTBCと並ぶ、1986年の創業の老舗のメンズエステサロンです。

日本の各都市の殆どに店舗があり、海外にも店舗を持っています。

女性向けエステサロンのミスパリが母体として経営しているメンズ専門サロンです。

そのため同じビルに入っていたり、受付だけが同じところも存在しますが、施術するサロンは全く別で完全に男性専門店となっています。

それではダンディハウスのヒゲ脱毛について、メンズTBCなどと比較しながらそのサービスの詳細をまとめてみました。
ダンディハウスヒゲ脱毛

ダンディハウスのヒゲ脱毛

ダンディハウスのヒゲ脱毛は、「ブレンド法」という名称ですが、基本的にはメンズTBCのスーパー脱毛と同じ美容電気脱毛がメインです。

最近は一部の店舗で、光脱毛も導入していますが、主にこちらはボディの脱毛用です。

毛穴一つ一つを処理する美容電気脱毛は、ダンディハウスとメンズTBC以外ではあまり見つけられません。

ヒゲ脱毛料金

美容電気脱毛は、TBCでは1本あたりの料金となっていましたが、ダンディハウスでは時間当たりの料金になります。

基本的にヒゲ脱毛の料金は1分250円での見積もりになります。

つまり30分にすると7,500円という料金になりますが、実際にはその時間の応じてサービスでプラスの時間が付きます。

コース時間 サービスでプラスされる時間 脱毛範囲の目安(*)
30時間コース プラス1.5時間 一部の髭、または間引き程度
50時間コース プラス5時間 鼻下ヒゲ全部の脱毛程度
80時間コース プラス16時間 2部位から3部位のヒゲ脱毛

*生えている本数は人それぞれですのであくまで目安です。

髭脱毛の料金と別に、脱毛後の赤みや腫れを抑えるためのケア化粧品の購入料金、会費などもかかります。

目的別費用の目安

もう生えて来なくなるが、費用がかかるのが難点のこの美容電気脱毛で、髭全部を脱毛しようという強者はそうはいないと思いますが・・・

ヒゲ脱毛の目的別におおよそ必要な予算の目安を紹介しておきます。(あくまで目安です)

顔から首までの全髭の脱毛 おおよそ150万円
鼻下・口下・アゴ髭の脱毛 おおよそ100万円
髭一部・間引き・デザイン髭など おおよそ50~80万円

メンズTBCと会費比較

エステサロンというのは、脱毛専門のサロンと違って、入会金や会費が別にかかるのが通常です。

同じメンズエステサロンである、メンズTBCと比較してみましょう。

名称 メンズTBC ダンディハウス
入会金会費 12,000円 30,000円
事務手数料 3,000円
更新料 12,000円 10,000円
会員期間 2年間 2年間

脱毛の期間・回数

1回の脱毛で2時間ぐらいが目安になります。

つまり30時間のコースで、15回ぐらい通うことになります。

月に2回通うことができれば、8か月ぐらい、月1回通うとすると、1年3か月ぐらいの期間が必要になります。

鼻下、口下、顎の3部位のヒゲ脱毛では、50時間ぐらい必要になると思いますので、25回ぐらい通うとして、1年半から2年前後が目安となります。

キャンセル料金

予約のキャンセルや変更は前日の営業時間内に連絡をすればペナルティーはありません。

当日の場合は予約のキャンセルも変更もできず、施術を1回行った扱いになります。

体験脱毛

5,000円の体験脱毛コースが用意されています。

体験できるのはブレンド法(美容電気脱毛)のみとなります。

ヒゲ脱毛は30分のコースですが、全部が脱毛時間ではなく脱毛後の肌ケアを含めたものになります。

ただし、エステサロンはどこでもそれなりの勧誘がありますので、断るのが苦手な人はやめた方がいいかと思います。
ダンディハウスヒゲ脱毛体験

ダンディハウスの弱点

料金の設定が時間制なので、施術者ょって同じ時間で脱毛できる本数が全く同じにはならないと思えるのでその点が不安になります。

おそらく実際には、そんなには変わらないはずですが、メンズTBCのように本数で決まっていた方が安心できますね。

これは美容電気脱毛すべてに言えることですが、費用がとてもかかるという点が、ヒゲ全部を脱毛しようとする人にとっては大きな弱点です。

会費も、事務手数料は別途かからないものの、2年間で3万円となりますので脱毛以外の費用もネックです。

弱点

ヒゲ脱毛の料金が時間制で分かりにくい
脱毛のほかに入会金3万円やケア商品の費用が必要
当日の場合キャンセル料金が無いが施術したことになる

全国の店舗

店舗一覧

札幌・仙台・東京(新宿・池袋・銀座・渋谷・上野・自由が丘・錦糸町・吉祥寺・町田・立川・西新井・中野)・川崎・湘南・戸塚・横浜・所沢・大宮・越谷・幕張・千葉・柏・栃木・前橋・つくば・静岡・浜松・名古屋・大阪・神戸・京都・奈良・滋賀・広島・岡山・福岡・熊本・香港・上海・シンガポール
たいていの地方都市には店舗がありますが、無いところを上げておきますと、沖縄、仙台以外の東北地方、四国、山陰地方などには店舗がありません。

ダンディハウスのまとめ

基本的な高級エステサロンですので、費用はとにとてもかかります。

ただしその分きれいなお姉さんが優しく丁寧に接客してくれますし、豪華な室内でゆっくりと髭脱毛が受けられます。

美容電気脱毛ですから、脱毛の効果も間違いはありません。

どちらかといえば、お金に余裕のある男性が施術を受ける場所だと考えるべきです。

ヒゲ脱毛がとにかく安くやりたいという人には向きません

ダンディハウスを選ぶべき人

お金に余裕のある人
接客・サービスを重視する人
確実にヒゲ脱毛をしたい人
1,000円キャンペーン

-ヒゲ脱毛, メンズ脱毛サロン・エステ

Copyright© メンズ脱毛最前線 , 2018 All Rights Reserved.